サイトマップ

メインコンテンツ

その他のコンテンツ

一般的な便器

どんな家であっても必ず備え付けてあるのが便器なのですが、便器にも色々な種類が存在していることは知っているでしょう。一般的な便器の種類と言って思い浮かぶのは、洋式便器と和式便器です。 昔は和式便器が主流でしたが、現在では洋式便器が主流となっているのが現状です。なぜ洋式の便器が主流になっているのかというと、やはり座った時に楽だからというのが最も大きな理由でしょう。和式便器の場合には、かがみこむ必要があるので、足腰の弱い人には一苦労ですし、近年では足腰の弱い人が多いため、和式便器はどんどん数が少なくなっています。

一方で洋式便器にも色々な種類がどんどん誕生しているのですが、やはり最近よく見かけるようになってきたのがウォシュレット式のトイレです。ウォシュレットというのは、用を足し終わった時に、水が出てお尻を洗浄してくれるタイプのトイレなのですが、当然専用の機械を取り付けなくてはいけないので、一般的なトイレよりも値段が高くなっています。

しかも一般的なウォシュレットのついていない洋式便器であっても、サイズを満たしていれば後から取り付けることも可能になっているのです。しかし、同じようなタイプのトイレであっても、寸法は全て一緒ではないので、寸法によっては後からウォシュレットを取り付ける事ができない場合もあるので注意しましょう。 その他にも色や大きさ、使用する電力の違いなどもありますし、タンクの取り付け位置によってタイプが異なっているような場合もあるので、もしトイレを新しくしたい場合や、新築を建てる場合には、便器の種類を知っておくと便利です。